35歳男性、糖質制限ダイエットで自由な暮らし

今では、ダイエットに成功して好きな洋服が着られるようになり充実して毎日を過ごしています。

またダイエット中に気にしていたカロリーは気にすることはなくなり自由に食事を楽しんでいる毎日です。

サラリーマンとして働いているのでダイエット中は昼食は持参のお弁当とあり作るのは大変でしたが、体重が減り始め痩せるに従いお弁当を作るのが楽しみに変わっていったのも事実です。

それは、毎日のお弁当をカロリー低めにした自分流のお弁当作りと美味しく作るといった美味しさの研究があったからです。

ダイエット中は糖質制限中心なダイエットだったのでオカズ中心にお弁当を作っていました。

その時によく使っていた食品といえばダイエットでよく使う、春雨や高野豆腐です。

また、植物油を使った料理をよく作っていました。

元々、昼食では外食が多いのではじめの頃は大変でしたが慣れると以外に作っている毎日が楽しくなるものです。

なので、楽しみながらダイエットをすることができました。

また、目標の体重を定めていたダイエットとあり目標が成功してからは糖質制限を気にすることはなくお米を食べることのできないストレスからは解放されましたのでいいダイエットになったのです。

30歳を過ぎてから体のお肉がズボンからはみ出したのでダイエット前は、体型がきになり始めたのです。

見た目からもおじさん体型とありまた、周りからは年齢も上にみられることもあり次第にコンプレックスになってしまったこともあります。

そんなコンプレックスがきっかけとなりダイエットをしようと始めたのです。

始めの一週間から三週間はダイエットをしている感が強く感じて、ストレスもありますが、ストレスがなくなってくると、ダイエットをする研究感がまして楽しんでダイエットをすることができてしまいます。

色々なダイエット方法があるので自分にあう方法をとりたいですが、ダイエットの始めはどうしてもストレスを感じてしまいます。

ですが、目標を達成することで自由な暮らしになるのでダイエットはストレスを減らしてくれるのだといまは感じているのです。